医療用のまつ毛育毛剤ラティース

まつ育がブームになって早数年。ある程度の妙齢の女性にとってまつ毛が薄くなるのは悩みの一つです。

例えば各メーカーは沢山のまつ毛用美容液を出していますが、美容液なので効果は人によります。

確実に増やしたい方にはものたりない場合もあります。まつ毛の場合は長く、多く、太く、強いという4つの条件が必要になります。

頭髪でも同じですが女性でも薄毛の場合は多く、腰が強い髪が求められます。

そんな女性の悩みに応えられる医療用のまつ毛育毛剤がラティースです。これはもともとシワの治療に用いられていたボトックスを開発してきた米国のアラガン社が開発した育毛剤です。

アラガン社は従来高眼圧症や緑内障の治療のために使用されていたビマトプロストという点眼薬を利用してこのラティースを開発しました。

実はまつ毛が伸びる効果は、この緑内障治療薬による副作用なのです。

使っていた方が眼瞼多毛症やまつ毛が伸びる、濃くなるといった症状が出たことがきっかけです。

これをまつ毛の根元に塗布していくと、長く、多く、太く、強くする効果が認められました。

これは化学療法などを行った方が、一時的に副作用などでまつ毛が脱毛してしまっても、同じように効果があると言われています。

太さや長さを改善するまつ毛の育毛薬ラティース

米国FDAはまつ毛貧毛症を改善するとして認証した医薬品です。

そのため日本でも医師の処方箋が必要になります。

これを塗布すると約2か月で効果が実感できると言われています。

約1か月目で効果を感じ、2か月で満足いく結果を出していると言われています。

臨床試験でも4か月使用した方の約80%近くの方に太さや長さが改善されたという結果が出ています。

まつ毛が短い方や細い方、量が少なくまばらな方やエクステやつけまつ毛でダメージがある方などにおすすめの薬剤です。

クリニックで購入すると1か月で15,000円〜18,000円です。

ラティースには塗布しやすいようにアプリケーターがついており、美容成分も配合されています。

最近ではインターネットで並行輸入もできるようですが、処方箋が必要な薬剤なので注意が必要です。

目に使うものなのでクリニックでぜひ処方してもらいましょう。

あくまで美容目的ですが、薬剤であるかぎりは副作用や使用方法は医師の指導のもとに使うことが大切です。

いざというとき、何かが起こってからでは遅いのです。

注意点さえ気を付けて使用していけば、長く魅力的なまつ毛が実現するのも夢ではありませんね。